モロッコ冒険の旅 22.サプライズな珍客

ラクダから降りて、一山超えて
ベースキャンプの砂漠のリビングでゆったりと
ミントティーのおもてなし


d0371437_06512173.jpg


これが疲れた体に、嬉しい

d0371437_06512311.jpg


まったりと、スタッフと話していたら
そこへ
突然、バイクの轟音がして
スタッフ、飛び出して
NO!  NO!
アリも来て話している
Kevinが日本人らしいよ、と
え?


外に出て話しかけた
日本人ですか?
そうだ
聞けば、サハララリーに参加していたが
モトクロスのアクシデントがあり
出遅れて、方向もわからなくなり
砂漠を彷徨っていたらしい
コンパスで走るのだが
コンパスもズレがあって正確ではないらしい
彷徨っていたら、偶然にもオアシスが見えたので、こちらにたどり着いたようだ



プロテクターにライダースーツ着ているので
重いし、暑い
助かった!
と、ヘルメットと取り
と、スタッフから差し出された
冷たい水とクッキーで、疲れを癒す
あ〜疲れた〜とゴザの上に寝転んでた


フェズからのラリーで、フェズに戻る予定だが
この時間だから、今日はもう無理だろうと
奥様はフェズでオランダ人のメカニックさんと待っているそう
このラリー、そう言えば来る時に遠くで見たな
あれか
今はもう午後だから、かなり遅くなってる


私は一介の旅人で
宿のラクダライドのキャンプツアーに参加して
ここが、そのベースキャンプと説明した
ライダーさんが仕事休んで13日間で来ていると聞いて
もしや?と閃いた
もしかして、同年代かも?
髪の毛やヒゲに白髪ありのナイスミドル
そんなことないでしょう〜
と言うので
私、結構年齢いっています
と、お互いに名乗り出ると
やはり!同い年だった


ライダーさんは
30年前にやっていた、モトクロスをまた再開したらしい
そんなこと考えるのは
60歳を目前にした方だろうなぁと思ったのだ
こんな、砂漠で彷徨っていた日本人のライダーさん
日本人の旅人と出会うとは
なんて、面白い


ライダーさんはアリが町へ戻るので
一緒にその後をついて行きました
かっこいいですよ!
と伝えましたが
ほんとに、体力が〜年齢を感じます
とおっしゃってたけど
いやいや、こんなことチャレンジするだけで
すごいのだ

皆で記念撮影しました、笑


d0371437_06512447.jpg


オーベルジュ ロアジスのオーナー、アリとライダーさん

d0371437_06512594.jpg


カッコよく、ビューンと行っちゃった

d0371437_06512714.jpg



で、私達は砂漠でランチ 
パンと、私の大好きなモロカンサラダ

d0371437_06523934.jpg


こちらは、チキンの煮込み

d0371437_06524012.jpg


ベルベル人のオムレツ
下にトマトソース入ってて、美味しかった
でもね、砂漠でもハエがブンブン
手で払いながら食べる
たくさんいる
それだけが、マイナス点

d0371437_06524245.jpg


開放窓から見る景色
行けども行けども、砂と空と

d0371437_06524454.jpg

アリのベースキャンプには水道もある
蛇口ひねったら、お湯が出てきた、笑

d0371437_06533152.jpg


静かな砂漠に戻りました

by suisuimikan | 2018-10-18 06:48 | ひとり旅 | Comments(0)

simple life・旅好き・ミシン好きの記録


by suisui